後援:文部科学省(予定)、総務省(申請中)、経済産業省(予定)

応募はこちらから

第1回全国小中学生
プログラミング大会の内容はこちらから
第2回全国小中学生
プログラミング大会の内容はこちらから

全国小中学生プログラミング大会とは

開催概要

今年で第3回目となる全国小中学生プログラミング大会を開催いたします。2018年7月1日から9月5日を応募期間とし、10月21日に表彰式の開催を予定しています。

今年のテーマは 「こんなせかいあったらいいな」

PC・スマート フォン・タブレットで動作するプログラムやアプリ・ゲーム・ムービーなどのソフトウェア、ロボット、 電子工作などのハードウェアであれば使用言語や作品形式は問いません。

今年ものびのびとした発想に基づく作品のご応募をお待ちしています!

U-22プログラミング・コンテストの連携について

2020年の小学校段階におけるプログラミング教育の必修化が迫るなか、プログラミング教育への注目 が集まっています。これまで全国小中学生プログラミング大会では、アイデアを表現・発信する手段とし てのプログラミングの普及を目指し、全国各地での指導者研修会やワークショップ等イベントの展開も 含む多様な活動を進めてきました。

この度、将来的に国内外のIT業界で活躍する人材の発掘・育成を目指 す「U-22プログラミング・コンテスト」との連携を通じて、プログラミングを追究したい子どもたちへのネクストステップの提案や、両活動の強みを生かした連携施策を打ち出すことによるプログラミング教育の社会的なさらなる広がりを目指します。

大会実行委員

大会実行委員長(左写真):
稲見昌彦(東京大学 先端科学技術研究センター教授 )

実行委員:
遠藤 諭(株式会社角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員)
清水 亮(株式会社UEIエデュケーションズ 代表取締役社長兼CEO)
石戸奈々子(NPO法人CANVAS理事長)

審査委員長

河口洋一郎
CGアーティスト、前・東京大学教授
種子島生まれ。1976年九州芸術工科大学(現九州大学)卒業。1978年東京教育大学(現筑波大学)大学院修了。筑波大学助教授を経て、1998年より東京大学大学院工学系研究科教授。2000年より現職。 1975年からCGに着手し、自己増殖する「グロース・モデル」で独自のアート世界を確立、世界的CGアーティストとして活躍中。さらに伝統芸能との融合「ジェモーション」による情感的な舞台空間のパフォーミング・アーツ、生命体から発想するロボティック立体造形を制作する。文化庁メディア芸術祭初代総合審査委員長。1995年第百回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表作家。2010年ACM SIGGRAPHにて栄誉あるディスティングイッシュト・アーティスト・アワード受賞。2013年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。同年、紫綬褒章を受章。

審査員

金本茂
株式会社スイッチサイエンス代表取締役
1966年生まれ。1989年早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。
在学時よりソフトウェア開発会社に勤務。卒業後はコンピュータ周辺機器の輸入販売会社、アスキー出版、フリーランスを経て、1992年にソフトウェア開発の会社を設立。1995年には、当時珍しかった常時接続のインターネット・プロバイダを設立。その後、複数の零細企業の設立、腹心による背任、廃業、再生といった紆余曲折を経て、2008年にスイッチサイエンスを創業。電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を通じ、最先端のテクノロジーを誰でも道具として当たり前に使える世界を目指して活動している。

川井敏昌
FabCafe LLP COO
外資系企業にてクリエイティブ分野の人材コンサルティングサービスを提供する一方、メーカーとのブランド開発、商品開発のコーディネーターとして経験を積む。2006年にロフトワークに参加し、クリエイティブdivのリーダーとして大規模サイトやコンテンツ開発プロジェクトを手がける。その後、2009年より3年間シンガポールの広告代理店でデジタルストラテジックプランナーとしてアジアパシフィックのプロモーション企画を担当。2012年3月FabCafe参加のため日本へ帰国。

林千晶
ロフトワーク代表取締役
1971年生まれ。アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒業。 花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、ロフトワークが手がけるプロジェクトは年間550件を超える。デジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うコワーキング施設「MTRL(マテリアル)」を運営。 MITメディアラボ 所長補佐(2012年〜)、グッドデザイン賞審査委員(2013年〜2015年)などを務める。
2015年、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」代表取締役社長に就任。

増井雄一郎
株式会社トレタCTO
大学時代に起業しWebサイト制作などを行う傍ら、PukiWikiなどのオープンソース開発にも積極的に参加。2008年に渡米しiPhone向け写真共有アプリPhotoShareをリリース。2010年に帰国し、アプリSDK『Titanium Mobile』の伝道師として活動。2012年9月に退職、FrogApps, Inc(現 miil Inc)を設立しiOS/Android向けにミイルをリリース。オープンソース活動としてMobiRubyを発表した。現在は2013年に起業したToreta, Inc.にてCTO。個人活動としてwri.pe, Kitayonを作成中。趣味はお風呂でコーディング。

松林弘治
エンジニア/著述家、鮮文大学校 グローバルソフトウェア学科客員教授
1970年生まれ。大学院〜助手時代にユーザインタフェースの理論的な研究を行ったのち、オープンソースの世界に転職。日本発のOS、Vine Linuxの開発に参画、主にPowerPC版の開発を担当し、開発団体の副代表に就任。ヴァインカーブの一員として、大学の全学教育システムの開発・保守を行うなど、各種開発・技術コンサルなどに従事。また、リリース直後のインスタグラムの日本語化を2年間ひとりで担当するなど、翻訳にも従事。2014年暮れにフリーランスとなり、引き続き開発・技術アドバイスなどを行うかたわら、プログラミング教育に関する著書を出版、娘やそのお友達と一緒に楽しく学ぶアクティビティを実践中。

※50音順
 

大会概要

主催

全国小中学生プログラミング大会実行委員会
株式会社角川アスキー総合研究所株式会社UEIエデュケーションズNPO法人CANVAS

共催

後援

文部科学省(予定)、総務省(申請中)、経済産業省(予定)

協力

オールナイトニッポン.com

募集テーマ

「こんなせかいあったらいいな」

募集内容

PC、スマートフォン、タブレットで動作するプログラムや、アプリ、ゲーム、ムー ビーなどのソフトウェア、ロボット、電子工作などのハードウェア(いずれも作品の形式は問いません。ただし、すべてオリジナルでプログラミングしたもの、または自 身による改良に限ります)
*今年から連携を開始したU-22 プログラミングコンテストをはじめ、他コンテストへの重複応募も可能です。

審査基準

「発想力」、「表現力」、「技術力」

応募資格

日本国在住の、6歳以上15歳以下(2018年4月1日時点)の小学生・中学生 グループで応募する場合は3人以下。
応募は1人(または1グループ)何作品でも可能

応募費

無料(応募までにかかる費用は自己負担)

表彰

賞状および副賞(賞や副賞などの詳細は後日お知らせいたします。)

応募開始

2018年7月1日(日)

応募締切

2018年9月5日(水)

応募はこちらから

入賞者には豪華副賞をご用意しています。
賞や副賞などの詳細は後日お知らせいたします。
 

お問い合わせ

ご不明な点があれば事務局までお問い合わせください。
問い合わせフォームへ
 

後援

文部科学省(予定)、総務省(予定)、経済産業省(予定)

協賛

協力

サポーター

メディアパートナー

  • CNET Japan
  • 月刊ジュニアエラ
  • Internet watch
  • こどもとIT
  • Resemom
  • ICT教育ニュース
  • Make:
  • ロボスタ
  • @IT
  • ascii
  • 週刊アスキー
  • プログラミング+

SNS